風情漂う歴史的木造家屋でいただくお蕎麦
手打ち蕎麦 やぶ金
 
 
福岡のファッション文化の発信地である中央区大名にある情緒溢れる佇まいの【手打ち蕎麦 やぶ金】。
昭和11年に建築された松楠居(しょうなんきょ)。老舗ジョーキュウ醤油の私邸として、腕利きの大工を呼び、構築された家屋だ。その風情漂う門構え、玄関の遊び、庭園の眺め、細かな縁取りの細工に至るまで、すべてが清廉とした空気を醸し出している。この一角だけまるで時間の流れが異なるかのように静かで奥ゆかしい。
そんな都会の真ん中にありながらも喧噪を一切感じない、静寂な設えでいたく絶品の蕎麦を紹介したい。
 
大将は、後藤好宏(ごとうよしひろ)氏。20代後半から一念発起して蕎麦の勉学と修行に励んできた。恩師の教えのもと、多くの同志たちと学び、ひたむきに蕎麦職人としての道を歩んできた大将。今現在も「前に進むしかない」という信念のもと、蕎麦に真摯に向き合う日々を送る。
店の要となるそば粉は、時期に応じて大将自ら厳選した産地のものを使用。長崎産(五島列島)、熊本産、鹿児島産、宮崎産(えびの)など、九州を中心に仕入れている。その年の出来で、蕎麦の質が変わることがないように細心の注意を払っている。また、つゆに使用する鰹節は鹿児島の山川産だ。
長年蕎麦職人として携わってきたなかで、大将が導き出した独自の配合はそば粉10に対しつなぎ1.5だという。ただ、季節によってそば粉の状態を見て、湿気や気温により水を足したり引いたりを繰り返すので「勘」がもっとも重要な部分を占めているといえよう。
 
手間を惜しみなく費やし、気持ちをこめて作られる手打ち蕎麦 やぶ金の一品。時代を経てきた伝統的な和の空間で、その想いを受け取りながら蕎麦のうま味や深みをじっくりと味わってほしい。
 
 
また、営業時間は11時から21時(ラストオーダー20時30分)まで。近年では珍しく1日中オープンしている。これは、仕事がはやくおわってお酒を飲みたいと思うビジネスマンにいつでも立ち寄ってもらえる場所でありたいとの大将の粋な心意気からだ。蕎麦以外にも、肴にはもってこいのメニューが揃う。大人たちが集うとっておきの場所として長くあってほしいと願わずにはいられない貴重な蕎麦屋だ。
writer:Chie
 
切り麦 1,300円

6〜9月前半までのひと夏限定のメニュー。氷が涼やかに、キリッと仕立てられた切り麦。凛としたのどごし、そして噛むほどに甘味が感じられ、麦の粒の香りが際立つ一品だ。蕎麦職人の技術により生まれるやぶ金の切り麦は、すべて手作業だから驚きだ。小麦粉・水・天然のにがりから成り、気候にあわせ塩の濃度や、加水の量を調整し作られる。こねる・寝かす(熟成させる)・干すの行程を経て、完成まで4〜5日かかる切り麦。一度に5〜6人前しか作り出すことができない貴重な味わいだ。
 
 
天せいろ 1,800円

からりと揚げられた天ぷらと凛とした蕎麦。温かくコクのある揚げものと一切の無駄がない風味と涼やかなのどごしを味わう蕎麦は究極の相性。
鰹出汁の醤油のうま味満載のつゆ。食事を終えると蕎麦湯をもってきてくれる。蕎麦湯をいれて最後までごくっと飲み干したい。
 
 【手打ち蕎麦 やぶ金】
 
電話番号  092-761-0207
 
住所 福岡県福岡市中央区大名2-1-16
 
営業時間 11:30〜21:00(L.O.20:30)
 
定休日 水曜日  
 
席数 23席
 
個室 なし
 
アクセス  地下鉄赤坂駅・天神駅・西鉄福岡駅から徒歩10分
 
クレジットカード利用 不可
 
メニュー 冷たいそば(せいろ830円、おろし1,100円など)温かいそば(きつね830円、とじ950円など)
       そばみそ360円、とりわさ720円、なす田楽720円、そばがき800円など
 
ドリンク そば焼酎670円、銘酒560円〜、白ワイン720円、ビール410円〜など
 
 
※いつでも美味しいお酒とおつまみをご用意致しております。夕刻より早めのちょっとしたお時間に、ぜひお立ち寄りくださいませ。




YUKUSAS 福岡で【手打ち蕎麦 やぶ金】を詳しく→





ユクサス 福岡【YUKUSAS FUKUOKA】はこちら>>>






 
 




福岡でいきたいお店特集

 
バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

第1弾 / 第2弾 / 第3弾 / 第4弾








 

 

福岡でいきたいお店特集

バックナンバーはこちらからご覧いただけます。