【接待にも使える司すしの個室】

司すしの2階は予約制の個室。
2〜8名までご利用頂けます。
ゆったりとした寛ぎのスペースは、大切な人との食事や、
おめでたい席にはうってつけ。
もちろん、大事な接待にも向いてます。
何といっても目利きのご主人が選ぶ素材、
そしてその素材の良さを最大限に活かした、単品料理とにぎり…。

家庭的な雰囲気の中、魅惑の味に舌鼓。
話も弾み、ビジネスチャンスにも繋がることでしょう。
 

つかさ謹製松前2100円

自慢ちらし1800円



    …他、単品料理は他にも各種。コース料理は5000円〜。予算や好みに応じます。

 

司すし 天文館店 [すし]
穏やかな司すしの大将
寿司好きを喜ばすツウな寿司ネタ話
鹿児島は堀江町にある司寿司。目尻の下がった、照れ屋な大将は、こっちが心配になるほど気前が良い。絶妙のタイミングで握られる寿司と一緒に楽しめるのが、大将のおしゃべり。ここでもまた、さりげないタイミングで今口に運んだ寿司ネタがもっと美味しいと感じるツウな情報を教えてくれる。「どこで獲れた物で、この魚のこの部分がいい」なんて話を肴に、寿司屋の粋を存分に楽しめる。

近海の旬の魚からアラ・マグロなど
職人の目利きが分かる極上のすしネタ

司すしの常連客の中には、同業者でもある職人が多い。大将の見事な目利きに加え、見事な魚の処理に惚れ込んで通う。地の旬の魚は天然物、キハダまぐろ、メバチまぐろは80〜90キロの上質、その他常時最高級の南マグロが入荷されている。また、高級として名高い九重(クエ・別名アラ)は、食通をも唸らせる逸品!! 大将の握りすしは、ネタの殆どが醤油なしでも味わえる。繊細で優しい塩梅は、素人目にも違いは明確。
すし屋の大将だから分かる
食べ頃の旬のすしネタ
旬のすしネタを楽しむ、日本の粋な文化。司すしでも当然、ネタケースには旬の魚介がずらりと並びます。写真はさよりの握り。春のイメージが強いサヨリですが、旨い時期はすでに寒い季節から始まっています。すしネタの上品な味わいにぜひとも酔いしれて頂きたい。

馴染みのある鯵だって
こんなに魅惑の味に変えてしまう
大将の技量に脱帽

司すしには、マグロやアラといった高級魚の定評の高さはもちろん。水イカ(アオリイカ)や、鯖、鯵とすしネタとして馴染みのあるネタも侮れない。写真は鯵の握り。この鯵の握りはどうしても一度は食べて頂きたい一品。こんなにも甘く・深い味わいなんだと、鯵の常識を覆す美味しさ。司すしの鯵・鯖は、鹿児島・こしき島や屋久島産。上質な寿司が1,100円で楽しめるランチも一切の手抜きがない極上のコース。

家族・会社仲間・接待・・・
大切な人を招く会食会にオススメ

握り・ちらしといった「すし」の旨さはもちろんの事、注目したいのが司すしの一品料理や会席料理。写真の甘鯛の塩焼きは大将オススメの一品。高級魚としても知名度の高い甘鯛の肉質は、繊細で淡泊。大将が作りだす優しい塩加減は、ギュッと魚の旨味を引き出し、お酒との相性も抜群。単品料理をお酒と楽しみ、〆に握りをと、夜はさらに粋に楽しめます。コース料理は5,000円〜。予算や好みにも応じてくれるから、お気軽に相談を。

接待・会食は個室でゆったりと

司すし天文館店は、2階が予約制の個室となっています。2名〜8名まで対応可能。
接待などの大切な人との食事や、家族のお祝い事などのおめでたい席にピッタリ。