本物志向の大人やモデルが注目する
日本を代表するデザイナー・松村ひとみ氏


長年にわたり美容事業、ファッション事業、ブライダル事業に携わる。ファッション事業はミラノコレクションブランドの立ち上げやプロデュースに従事。
ブライダル事業は渋谷区の南平台でレストラン・ハウスウエディングの先駆けとして、ドレス・ヘアーメイク・ブライダルエステサロンも備えた事業展開を開始。
同地に於いて、2002年にブライダル事業・レストラン事業に特化した株式会社ドーモを設立し、
代表取締役となり、本格的な教会を有した人気のハウスウエディングの会場の運営とドレスショップ「レフェ」を展開。ドレスショップレフェは東京・代官山に本店を構える。鹿児島店は鹿児島市の城山観光ホテル3階にサロンを構え、今年で10年目の実績があります。

さらに詳しく>>>
ドレスショップレフェが
大人の花嫁・親世代に支持される理由
豊富な経験や世界が認めるファッションブランドに囲まれた海外生活によって培われた審美眼を持つ松村氏。日本人ならでは細やかな細工・花嫁の美しさを引き立てることを緻密に考えた気遣いのあるデザインは、モデルや女優といった「美しい」に触れる機会の多いセレブリティから高く評価され、ドラマや雑誌の撮影でレフェのドレスが選らばれています。

数や価格で勝負するドレスブランドが増える中、世界に一着、完全オリジナルのドレスに仕上げるオートクチュールスタイルを頑なに貫いた松村氏のドレスは、人生のキャリアを重ね、本物を知る大人の花嫁や、上品な花嫁であって欲しいと願う親世代から圧倒的な支持を集めています。

フランス・イタリアの上質な素材で作る
ドレスショップレフェのウエディングドレス

レフェのドレスは花嫁自身の美しさを引き出すことを大切にしていることから、シンプルなラインに繊細なレースや立体感を出すための細やかな刺しゅうが特徴。シンプルなラインでもエレガントで華やかな雰囲気を作りだすため、レースやシルクといった素材へのこだわりに一切の妥協を許さないブランドとしても一目置かれています。レフェのドレスで使われる素材やレースの多くは、パリの老舗オートクチュールブランド「Dior」「CHANEL」「GIVENCHY」など一流ブランドと同じ素材を使用しています。フランスやイタリアなど、ドレスやファッションの本場ヨーロッパの上質の素材は、見た目の美しはもちろん、着心地の良さも折り紙つき。アレルギーを持った花嫁でも、安心して身に付けることができる素材も用意しています。

本社・フランスのアトリエにて制作
1人の花嫁のための1か月。
フルオーダーのウエディングドレス

ドレスショップレフェ鹿児島店では、レンタルはもちろんフルオーダーのドレスも人気。レフェのオーダーメイドのウエディングドレスは、花嫁と綿密に打ち合わせが行われた後、本社とフランスのアトリエでひとつひとつ手作業で作りだされる。そのため一着のドレスを作るため、1カ月一組に限定しています。

■フルオーダードレス:価格450,000円〜

レンタルドレスも、アレンジ可能。
体型にあわせたドレスを一緒に仕上げる

また、ドレスショップレフェでは、既存のドレスにアレンジを加えることができます。たとえば大好きなデザインだけど、二の腕が気になる・・・、そんなときは花嫁のスタイルにあわせ、袖を付けたり、ヒップラインが気になる場合には取り外し可能なバックトレーンを付けたりと、自分の理想のデザインに近づけ、世界で一着のドレスに仕上げることができます。。花嫁の気になる部分や不安を知り尽くした経験豊富なスタッフが細やかにフォロー・提案してくれるのも、ドレスショップレフェの魅力のひとつ。

■レンタルドレス:価格220,000円〜

経験豊富なスタッフが花嫁に寄り添って
サポートしてくれる

ドレスショップレフェ鹿児島店は、30代の経験豊富なスタッフも多い落ち着いたサロンです。ブライダル、アパレル、美容業界で技術を磨いたスタッフが揃っているので、大人の目線で的確なアドバイスをしてもらえると定評があります。さりげない気配りや、ソフトおしゃべりと自然体の対応ではドレスショップレフェの魅力の一つ。