寿司の彩りコース 4,500円(税別)
 
四季の移ろいを感じながら、大将が握るお寿司を個室でいただくひと時。
(※内容は季節や仕入れによって変わります。ご了承ください。)
 


(右手前)
お寿司は6貫+細巻きと裏巻き。
仕入れによって変わるネタを堪能する。この日は赤海老、さんま、鯛2種(松皮と炙り)、炙りサーモンなど
 
 
(左手前)前菜
向かって左から、小エビと魚卵を和えた一品。ぷちっとした食感とまろやかな風味。中央には、甘さと出汁が生きるがめ煮が。右端のクリームチーズの白和えには大豆とキノコが隠れている。
 
(左奥)
シラスのみそ煮。その下にはバター粥がふんわりと。
 
(右奥)
揚げたての春巻きは、何もつけずにそのままいただいて
 
(中央)
黒豚軟骨揚げ つみれスープ仕立て
おごうのしゃぶしゃぶにも使用される旨味満載の謹製白濁スープでほっこりと。ちゃんぽん麺とたっぷりからめて。
 
 
 
 

 

 
 

旬彩 おごう [和食会席]
鹿児島の職人の間でも一目置かれる大将

大将の小河之直氏は、鹿児島の和食職人なら知らない人はいないという存在。小河氏の作る料理は、伝統的な技術がありながらも常に新鮮で、食べ手を飽きさせない。また、丁寧な仕事ぶりは、運ばれてくる皿の上の料理から一目瞭然にして伝わる。
食べる側の気持ちに立った料理から、小河氏の優しい人柄が伝わる。

大人の夜は、鹿児島の焼酎と季節の肴

「旬彩おごう」の魅力は和食だけではない。村尾・森伊蔵・黒佐藤・萬膳など、鹿児島県内のこだわり焼酎も豊富に揃う(村尾:一合1,000円(税別)、ボトル5,000円(税別))。入手困難な焼酎に出会える可能性も高い。また、日本酒やワインも事前に好みを伝えると準備してくれる。焼酎一合700円〜、ボトル3,000円〜(共に税別)

大人の隠れ家的存在として人気

市電市立病院前から徒歩3分、旧市営駐車場前にある「旬彩おごう」。飲み屋街の喧騒から離れ、ゆっくりと落ち着ける場所にある。美味しい食事ときめ細かいサービス、温かい接客で、満足できる時間が過ごせる店だ。