会席料理「葵」¥7,000(税別)
(写真は一例です。内容は仕入れや時期により変わります。)

繊細な技と幾重にもかさなる旬の味わい―。

先付け(最左下)
クリームチーズ豆腐・生うに添え

前菜(中央大皿)
サザエの薫りバター・いか軍艦寿司・ナマコくらげ小松菜白和え・
鱈子うま煮・昆布締め菜の花巻
手ながえび・ピース豆しんじょ

お造り(右下)
ひらめ・マグロ(中トロ)・水イカ・車えび

吸い物(最右中)
さくら湯葉・椎茸・筍・青のり薄葛(うすくず)

焼き物(右上中)
アマダイのアスパラ巻き・蓮根・大根・スプライト・いくらかけうまだししょうゆ

焼き物(最上左)
海の幸の羽二重焼き

煮物(中央右)
牛ホホじゃがバターソース・筍・白しめじ・ブロッコリー・千人参

ご飯もの(最左上)
カニ雑炊・切りのり

甘味(最右上)
さくらアイス・いちご




 
前菜(写真は一例です。内容は仕入れや時期により変わります。)

サザエの薫りバター・いか軍艦寿司・ナマコくらげ小松菜白和え・鱈子うま煮・昆布締め菜の花巻・手ながえび・ピース豆しんじょ
 
焼き物(写真は一例です。内容は仕入れや時期により変わります。)

アマダイのアスパラ巻き・蓮根・大根・スプライト・いくらかけうまだししょうゆ
 
 

旬彩 おごう [和食会席]
鹿児島の職人の間でも一目置かれる大将

大将の小河之直氏は、鹿児島の和食職人なら知らない人はいないという存在。小河氏の作る料理は、伝統的な技術がありながらも常に新鮮で、食べ手を飽きさせない。また、丁寧な仕事ぶりは、運ばれてくる皿の上の料理から一目瞭然にして伝わる。
食べる側の気持ちに立った料理から、小河氏の優しい人柄が伝わる。

大人の夜は、鹿児島の焼酎と季節の肴

「旬彩おごう」の魅力は和食だけではない。村尾・森伊蔵・黒佐藤・萬膳など、鹿児島県内のこだわり焼酎も豊富に揃う(村尾:一合1,000円(税別)、ボトル5,000円(税別))。入手困難な焼酎に出会える可能性も高い。また、日本酒やワインも事前に好みを伝えると準備してくれる。焼酎一合700円〜、ボトル3,000円〜(共に税別)

大人の隠れ家的存在として人気

市電市立病院前から徒歩3分、旧市営駐車場前にある「旬彩おごう」。飲み屋街の喧騒から離れ、ゆっくりと落ち着ける場所にある。美味しい食事ときめ細かいサービス、温かい接客で、満足できる時間が過ごせる店だ。